2017年03月21日

3月20日のイベントお疲れ様でした!




3月20日に開催されたタクトレ体験会に参加された皆様、本当にお疲れ様でした!

イベント情報(天候編)
イベント情報(内容編)
イベント情報(装備編)
イベント情報(銃の形状編)
イベント情報(眼球保護具)
イベント開催要項

残念ながら8割ほど進行したところで雨のため終了させていただきましたが、
それなりに楽しんでいただけたのではないかと思います。
















もっとじっくり取り組みたいカリキュラムもあったのですが、
体験会ということもあり、雰囲気を重視した部分もあります。

安全に関する意識づけは少なくともしっかりと伝わっていると自負していますので、
今後のトイガンライフに少しでもお役に立てれば幸いです。

今回のイベント実現にあたり、多くの方のご協力をいただきました。

・宇部アウトドアフィールド &GREENさん

・レイヴンさん

・ぼっくり屋NEO徳山店さん

・南九州ミリタリーフリーマーケット実行委員会さん

・アグレッサーグループさん

T3PROJ.のメンバー一同、感謝申し上げます!

T3PROJ.はご要望があればショップやフィールにお伺いします。
ぜひ、トイガンの安全な取扱いを一緒に追求してみませんか?

公式ウェブサイトはこちら

全ての画像はこちら

  

Posted by SUNNY  at 20:58Comments(0)

2017年03月18日

3月20日のイベント情報(天候編)



いよいよ明後日となったタクトレ体験会。

実は今日まで開催が危ぶまれていました。

原因は天候。

この1週間、安定した晴れの天気にもかかわらず、
20日のみ傘マークが出る不安定な天候。

一時は昼から雨が降るような予報も出て、
&GREENさんに延期の相談をしたくらいです(;^ω^)

とはいえ、本日になってどうやら日中は持ちこたえてくれそうと判断できましたので、
20日はイベントを決行いたします。

万が一急激な天候の変化で朝から雨が降った場合は別日に振り替えさせていただきますが、
多分、大丈夫でしょう!参加者の皆様の日頃の行いを信じます(笑)


さて、T3PROJ.と&GREENさんを応援していただけるショップ様から、ぼちぼち協賛品が到着しております。

今回、イベント開催にあたり協賛品の提供をしていただいたショップ様は

・レイヴンさん

・ぼっくり屋NEO徳山店さん

・南九州ミリタリーフリーマーケット実行委員会さん

・アグレッサーグループさん

です。いつもありがとうございます!

具体的な商品としてはここでは多くを語りませんが
BB弾、米軍放出実物装備などなど!
(海兵さん御用達のあのスリングが!)

主催者の予想を超える素晴らしい協賛品がそろいました!

いつも通りジャンケン大会や特別賞など設けております!
参加者全員にチャンスがあります!

販売すると参加費を超えてる協賛品が多数!

しかも!参加者全員にお土産付!
面白いものをお持ち帰りいただけます!

いつも思いますが、参加者の皆さんがうらやましいです(笑)

是非とも最後まで楽しんでくださいね!

ちなみにあと2名ほどエントリー可能です!
迷っていた方は是非ともお急ぎください!
エントリーはこちら

  

Posted by SUNNY  at 20:04Comments(0)イベント情報

2017年03月11日

3月20日のイベント情報(内容編)



イベントまで残すところ10日となりました!
おかげさまで間もなく定員に達します。
この調子ですと、当日飛び入りはお断りする事態になるかもしれません。
参加予定者は必ず申請フォームから手続きお願いします!

さて、今回は実際のイベントの内容についてお話します。

タイムスケジュールは
開場8:00
弾速8:30
開始9:00
終了~日没

となっており、


午前中は、エアガンの取り扱いに関する安全講習、
午後から、オリジナルドリルを実施、
その後、評価からの景品抽選会という流れです。

午前中の安全講習は座学から始まりますので、
朝一からバンバン撃てるわけではありません。
大切な事なのでご了承ください(;^ω^)

ただ、今回はあくまで体験会ですので、
全員のスキルを合わせることまで追求できません。

そこで、座学は1時間以内に抑えて、
午前中のうちに基本的な射撃まで実施できたらと考えています。


昨年実施したOps.SSで講師を務めてくださったリトラッシュの河上氏にならい、
ガンガン弾を消費していきますので退屈はしないと自負しています。

ゼロ点(狙ったところにきちんと弾丸を飛ばす)の確認から、姿勢制御に移行し、
動きながらや遮蔽物の活用、仲間との連携などを様々な条件を付与して実施していきます。

仲間との連携ができるようになってくると、かなりテンション上がってきますよ!

タイムや順位を競うものではなく、あくまで安全な銃の取扱いを意識してもらうものですから、
自分の納得いくスタイル、負荷で楽しむことが出来ます。

皆さんのスキルに応じて、索敵まで実施できたらいいなあと考えています。

前述した通り、当日はセミオートでかなりの弾数を撃っていただきます。

そのため、サバゲーの時と比べて
・バッテリー
・セレクター関連パーツ
これらはかなり負担が大きくなります。


予備バッテリーとスペアの銃をお持ちの方は是非ともお持ちください。

次回は協賛に関する情報と、もう少し当日の内容を書きます。  

Posted by SUNNY  at 14:57Comments(1)イベント情報

2017年03月01日

3月20日のイベント情報(装備編)




今日から3月。いよいよイベント当月となりました。

イベントの概要はこちら

今回のイベントは定員が20名と、サバゲーイベントよりも少なくなっております。

参加申請をお出しいただければ、当日お断りすることなく、確実にイベントに参加できますので、
是非とも参加申請をお願いします。

参加申請もイベント概要記事にリンクがありますのでご確認ください。

さて、本日は装備について少し書きます。

イベントに使用する眼球保護具に関する記事はこちら

イベントに使用する銃に関する記事はこちら

まず、T3PROJ.は安全を優先するイベントを実施しますので、
各自の装備は安全かどうかを着眼点としてチョイスされてください。

普段のサバゲーなどで着用する装備で構いませんが、
ダミーナイフなど鋭利な部分があると危険ですので対策をお願いします。

刃付の実ナイフは必要ありませんので装着しないでください。

運動ができるシューズと、手を保護するグローブは忘れずに。
スリッパ、サンダル、素手は参加を制限していただく場合があります。

軍手でも参加可能ですが、手のひら側に滑り止め加工があるものが良いです。

ヒザ、ヒジを保護するプロテクターも推奨します。

それと、ライフルやサブマシンガンで参加される方は、
銃を身体から吊り下げる「スリング」があれば大変便利です。
イベント中は長時間銃を所持する状態になりますから、スリングがない場合は腕に負担がかかります。
最近は造りの良いものが2000円台でも入手できますので、この機会に揃えてみてください。

ハンドガンで参加する方は「ホルスター」があると大変便利です。
こちらも安価で売られていますので、チェックしてみてください。

山口エリアですと
・PAWワークスさん
・レイヴンさん
・ぼっくり屋さん
あたりに相談してみてはいかがでしょうか?

最後に、イベント向けに装備のセットアップを考えている方にワンポイント。

まずは基本的なレイアウトとして、
利き手(銃の引き金を引く方)にハンドガンのホルスター
利き手と反対側(もしくは正面)に各種予備マガジン

このレイアウトが基本となります。
あとはお好きなアレンジでOKですが、安全でないセットアップの場合は声をかけさせていただきます。

次回は実際の内容について書きます。

  


Posted by SUNNY  at 20:55Comments(0)イベント情報

2017年02月19日

3月20日のイベント情報(銃の形状編)



今回のイベントでは、初心者歓迎ということもあり、
使用する銃の種類を比較的広めにOKとさせていただいています。

普段使用している銃をお持ちいただくといいかと思います。

大前提として、弾速は厳しくチェックします。

フィールドにて使用するエアガンすべての弾速チェックを行います。
2発以上の試射、0.2g弾にて⾏います。各⾃ご準備ください。

・0.989ジュールを超えるエアーソフトガンは持ち込み禁⽌(法令違反になります)

・0.950ジュールを超えないよう調整をお願いします。

・市販の計測器(xcortech x3200)を使⽤します。
環境や機器の個体差などにより初速は変動します。
数値には⼗分な余裕を持って整備、調整を⾏ってください。


使用する銃の形状について

アサルトライフルやサブマシンガン、ハンドガンなど様々な形状のものがありますが、
当日はその都度、使用する銃に極力合わせて進めて行くのでご安心ください。

ちなみに基本としては「東京マルイ 電動ガンスタンダードタイプ M4A1カービン」を
想定してカリキュラムを考えていますので、この銃に近いモデルであればよりスムーズです。

ただし、使用する銃によっては内容を一部制限する場合があります。

・スナイパーライフル:今回は主に5~10m先のターゲットに対して射撃を行います。
また、移動しながらの射撃など、本来のスナイパーライフルの運用方法を異なるメニューがあります。

・フルオート専用のもの:ターゲットに対して規定された弾数を正確に当てるメニューがあります。

・ショットガン形状のもの:前述したM4A1カービンと大きく違う機構のため、
安全で正しい運用方法を学ぶことが出来ない場合があります。

・グレネードランチャー:前述したM4A1カービンと大きく違う機構のため、
安全で正しい運用方法を学ぶことが出来ない場合があります。
また、イベント進行上、リロード作業の完了をお待ちできない場合があります。

これらの銃で参加した場合、イベント全てに参加できなくなるわけではなく、
安全上、進行上で問題が生じるメニューのみ、見学をお願いすることがありますので予めご了承ください。

使用するマガジンについて

サバゲーでほとんどの方が使用する多弾倉マガジンは、マガジンチェンジの面倒もなく、
火力を維持できる超便利なアイテムですよね。
今回のイベントでも使用可能としますが、マガジンチェンジの楽しさや大切さをより深く知りたい方は、
スプリング式のマガジン(リアルカウント~100発程度)のものをご用意いただくといいかと思います。

その他にも、狙ったところに弾が飛んでいかない銃は、
安全上の理由により、対策が完了するまで銃の使用を制限させていただきます。


イベントでは、1000発程度の弾を使用する予定です。
参加者の皆さんは、各自余裕のある弾丸とバッテリーやガスをご用意下さい。

それでは、次回は装備について書きます。

要項&参加申請はこちらまで  


Posted by SUNNY  at 20:22Comments(0)

2017年02月12日

3月20日のイベント情報(眼球保護具)




T3PROJ.タクトレ体験会in&GREEN フィールド

1か月以上先にもかかわらず、
すでに数名の参加表明をいただいています。
ありがとうございます。

先日は、会場になります
「宇部アウトドアフィールド&GREEN」さんにお越しのお客様にも
ご挨拶と参加表明をいただきました。当日が今から楽しみです!(^^)!

その中でもご質問いただくのが、
「装備がそろっていないけど参加してもいいの?」
という内容でした。
今回は初心者歓迎と謳っていますので、
以下のような最低限の装備でも大丈夫です。

・基準を満たした眼球保護具
・エアガン
・必要量のBB 弾(バイオ弾・色指定なし・0.28gまで・8mm不可)
・バッテリーやガス
・長袖、長ズボンの衣類
・保護用手袋(防寒用ではない)
・足をサポートできるブーツやトレッキングシューズ

眼球保護具に関しては以下のものは原則参加をお断りします。
・スノボ用、バイク用などスポーツゴーグル
・ファッション用サングラス(伊達メガネ)
・通常のめがね
・バイク用フルフェイスヘルメット
・その他スタッフが危険と認めたもの

また、イベント中にゴーグルが曇ってしまう方もよくおられます。
安全上、ゴーグルの曇りを取る場合は、
いったんセーフティーエリアまで戻っていただきますので大変時間をロスします。
せっかく来られたイベントなのにもったいないですよね。
ぜひ当日までに曇り止め対策をお願いします。

次回は銃に関して書きます

イベント要件と参加表明はこちらまで

  


Posted by SUNNY  at 17:50Comments(0)イベント情報

2017年02月04日

3月20日イベント開催要項



2017年のT3PROJ.は山口県宇部市からスタート!

T3PROJ.タクトレ体験会in&GREEN フィールド

昨年オープンした宇部市の「&GEREENフィールド」さんにてタクトレ体験会を開催します。

今回は初心者さんも大歓迎。ぜひお気軽にご参加ください。

参加には事前申し込みが必要となります。

この記事の一番下にあるリンクから、参加メールフォームへとジャンプできます。

ご質問がある方もどうぞ。

その前に、開催要項を必ずお読みくださいね!

フライヤー画像です(クリックで拡大)


要項

■概要

⽇程 2017 年3 ⽉20 ⽇(祝)

会場 宇部アウトドアフィールド&GREENGoogleマップ



時間 開場8:00 弾速8:30 開始9:00 終了~⽇没

主催 T3PROJ.

AM エアガンの取り扱いに関する安全講習

PM オリジナルドリル

■参加費

当日会場にてお支払いください

・T3PROJ.研究生(会員)¥1500円

・一般¥2,000円

・定員:20名※定員になり次第締切


■今回の体験会で得るもの

・トイガンを使⽤するうえで、事故を未然に防ぐ意識が⾝に付きます

・合理的かつ的確な銃の操作が⾝に付きます


■参加要件

1.18 歳以上の男⼥で⽇本語によるコミュニケーションが可能

2.反社会的勢⼒及びその関係者でない事

3.イベント主催者とその関係者が免責であることに同意できる事

4.専⽤設計品の眼球保護具を装着する事

5.トイガンのBB 弾発射初速制限を超えていない事

6.その他、法令を遵守できる事

※イベント参加者は、安全講習後からの途中参加はできません




■安全管理事故防⽌5ルール

①全ての銃には常に弾が装填されているものと思い取り扱う

②銃⼝は撃とうとするもの以外に向けない

③銃⼝がターゲットに向いているとき以外はトリガーに指をかけない

④射撃を⾏う前、ターゲットとその周辺の状況を把握する

⑤射撃時以外は安全装置をかける(安全装置がない場合、銃⼝管理に⼗分注意する)

今回のイベントはこの5ルールを終⽇敢⾏します。

皆さんがこれらを常に意識し、練習会や模擬戦闘を実践していくものとします。




■弾速について

フィールドにて使⽤するエアガンすべての弾速チェックを⾏います。2発以上の試射、0.2g弾にて⾏います。各⾃ご準備ください。

・0.989ジュールを超えるエアーソフトガンは持ち込み禁⽌(法令違反になります)

・0.950ジュールを超えないよう調整をお願いします。

・市販の計測器(xcortech x3200)を使⽤します。環境や機器の個体差などにより初速は変動します。数値には⼗分な余裕を持って整備、調整を⾏ってください。

・各種保護具をかならず使⽤してください。

・眼球保護のためのシューティンググラス、またはその規格に準じたプロテクトウェアの装着を最低基準とし、必要に応じて頭部や顔⾯、四肢の保護具装着を推奨します。

・イベント中は、セーフティーエリア外での眼球保護具の装着は義務とします。また、セーフティーエリア内を含む、フィールド全域での保護具の装着を推奨します。

・イベントスタッフにより、危険と判断された保護具については改善を要請させていただき、それがなされない場合はイベントの参加をお断りさせていただきます。

※イベントを円滑かつ事故なく進めるため、ご協⼒をお願いいたします。

※便宜上、セーフティーエリアや射撃エリアを含む敷地全体を「フィールド」としています。


■健康管理について

・イベント当⽇までに体調がすぐれない⽅や、イベント中に体調を崩された⽅は、参加を中⽌し、スタッフまでお申し出ください。

・万が⼀、イベント中に重⼤な怪我⼈や急病⼈が発⽣した場合は、最寄りの医療機関へ搬送します。

■銃の取扱いについて

・フィールド外では銃が⾒える状態での持ち歩きを禁⽌します。必ずバッグなどの収納具に格納してください。

・フィールド内ではできるだけ、ハンドガンはホルスターへ、ロングガンはスリングに吊るしてマズルを直下にすることを⼼がけてください。


■セーフティーエリアについて

・銃の種類に関わらず、弾丸が装填された銃の持ち込みは厳禁とします。

・セーフティーエリア内では、銃へのマガジン装填、空撃ち、不必要な取り回しを禁⽌します。各種調整は射撃エリア内の定められた場所で⾏ってください。

・ロングガンは所定のガンラックに預け、ハンドガンはホルスターに収納してください。これ以外の状態でのマガジンへの弾丸の装填は禁⽌とします。装填したマガジンは⼿に持ったままにせず、速やかにポーチなどに収納してください。

・銃本体へBB 弾を装填するタイプのものは射撃エリアで、統制されたロード時の際に⾏ってください。

・これらの安全⾯については各⾃が責任を持って取り組むものとし、イベントにて発⽣した事故やトラブルについては、主催者側は⼀切の責任を負わない事を予めご了承ください。


■射撃エリアについて

・イベント中の試射は射撃エリアに設けます。主催者が指定した時間帯、場所、⽅向を厳守してください。それ以外で試射が必要な場合はその都度、スタッフやトレーナーに許可を得てください。

・トレーナ及びスタッフが、統制してガンのロード、アンロードを指⽰することがありますので従って下さい。


■その他のレギュレーションについて

・原則セミオートのみの射撃とし、フルオート射撃は⾏いません。

・著しく射撃精度を⽋く銃または射⼿については、安全のため離脱を要請し、対策及び調整が完了するまで復帰を制限することがあります。(弾が⾶ばない、暴発する等含む)

・その他、危険な⾏為、迷惑⾏為に関して改善がなされない場合、場合によっては警告なしに事後のイベント参加をお断りすることがあります。(退場措置)




■参加者装備品リスト

①必須(満たされない場合は参加が制限されます)

・基準を満たした眼球保護具

・エアガン

・必要量のBB 弾(バイオ弾・⾊指定なし・0.28gまで・8mm不可)

・バッテリーやガス

・⻑袖、⻑ズボンの⾐類

・保護⽤⼿袋(防寒⽤ではない)

・⾜をサポートできるブーツやトレッキングシューズ

②持ってくることが望ましいもの

・ロングガン形状のエアガン

・ハンドガン形状のエアガン

・ロングガン⽤スリング

・ハンドガン⽤ホルスター

・各種予備マガジン

・各種マガジンポーチ

・頭部、及び四肢を保護する各種プロテクター

③今回の体験会に適さない装備(参加が制限される場合があります)

・スナイパーライフル

・フルオート専⽤のもの

・ショットガン形状のもの

・グレネードランチャー

・原則として射撃エリアでの銃は、床置き、⽴て掛けなど⾏わず、常に携⾏するスタイルをとりますので、スリングやホルスターの使⽤を推奨します。

・多弾倉マガジンでも可としますが、イベントの性質上、スプリング式のノーマルタイプのマガジンを推奨します。

■注意事項
・今回のイベントはカメラ撮影が行われます。個別のプライバシー処置は行いかねますので、顔出し等NGの方は各自ご対策ください。

・イベントは安全に配慮して実施しすが、事故、トラブルに関しては主催者及び関係者は全て免責となりますことをご了承ください。

・今回のイベントに関して、銃及び装備の貸し出しは行っておりません。


■その他

・簡易トイレがあります。

・軽⾷の販売があります。

■イベントの参加お申し込みまたはお問合せは

こちらのメールフォームからお願いします




  


Posted by SUNNY  at 21:45Comments(2)イベント情報

2016年11月16日

Ops.SS 2016イベントレポート!



2016年11月13日晴れ。
VirtualMOUTlaboratory北九州にて開催された
オペレーション・シースネークス2016(Ops.SS)
は、無事に閉幕しました。
参加者の皆様、協賛企業の皆様、本当にありがとうございます。

簡単ではありますが、イベントの様子を報告します。
今回のイベントの概要はこちらでご確認ください。

そして、ゲスト講師である河上洋巳さん。
関東から新幹線ではるばるお越しくださいました。


(小倉の歓楽街を眺めつつ一服する河上トレーナー。眼光は鋭い(笑))



(前夜は酒の力を借りて、色々質問をしちゃいました。値千金のすごい飲み会になりました)

当日は一日を通して、大変密度の濃いカリキュラムを実施してくださいました。





そして今回、SYSTEMA正規取扱店の「MOVE」さんから試射用のトレポンが3丁も提供が!



(銃だけで3ケタ万円行ってんじゃないのか。しかも弾丸まで!感謝です)

これもひとえにRETRASHオーナーでもある河上トレーナーのおかげです。
やはり試射コーナーには人だかりが・・・・



MOVEさんでセッティングされたトレポンは、既存のエアガンとは一線を画したレスポンスで、驚愕の精度を誇っていました。
「フルオートを使う機会があまりなくなる」という河上トレーナーの言葉は決してオーバーではないようです。



(タン!タタン!とものすごいトリガーレスポンスで弾丸がターゲットへ)



(・・・・むう。これは・・・・良いな・・・)

さらに、今回は何と、ミリタリー専門ショップ「フロントライン」を運営する
七洋交産さんが、会場にブースを出展してくださいました!



実物最新装備が試着もできて、最高の体験でした。
スミスオプティクスのサングラスが半値以下などサプライズプライスもあり、皆さん興味津々。
北九州ではなかなかお目にかかれないギアもたくさんありました!



イベントの記念パッチはT.P.LABOさんにて制作。
おかげさまでむちゃくちゃかっこいいパッチが完成。



(革製です。シブイ!)

そんな中で始まったトレーニング。
安全講習を実施したのち、河上トレーナーの理論を頭に叩き込みます。
この数十分が、のちの実践で活きてきます。




その後、基礎的なドリルでスキルチェックを行いますが、
河上トレーナーのドリルはとにかく撃つ!撃つ!





基本的なシュートはダブルタップで構成され、携行している弾倉をどんどん使っていきます。
ひたすらに引き金を引き続けるというより、すべての動作を反復して行います。
休憩を最小限にすることで、脳ではなく筋肉が動きを記憶していく。そんなイメージでした。



撃つことができたら、歩いてみる、歩けたら、下がってみる。それもできたらリロードやトランジション。



段階を踏んで課題をこなし、複雑な動作も徐々にできるようなってきます。



しかも、その動作には「安全な銃の取扱い」が織り込まれていて、見ていて安心感があるものでした。



受講している参加者よりも、近くで見ているスタッフの方が、その成長ぶりに気がつきやすかったのかもしれません。




数千回の射撃と操作を繰り返したころ、空はすっかり暗くなり、総括、質疑応答後に行われた抽選会ではライトが必要なほどに。
そのため、撮影が困難で記録に残っていませんが、たくさんの協賛企業からの景品が、熱いジャンケンバトルで争奪されました。
有限会社スワットさま
タクティカルチャレンジさま
アグレッサーグループさま
MOVEさま
七洋交産さま
南九州ミリタリーフリーマーケット実行委員会さま
豪華な景品、本当にありがとうございました!
※撮影記録が取れませんでした。ごめんなさい!

T3PROJ.は今後もトイガンの安全な取り扱いを啓発していきます。
講習、トレーニングに興味のある方は、是非お問い合わせください!

イベントのその他の画像は、Facebokページから閲覧できます!
  


Posted by SUNNY  at 21:35Comments(1)イベント情報

2016年11月10日

美味しいカレーはいかが?


※画像はイメージです!

Ops.SS当日は、美味しいカレーライスの移動販売がやってきます!
11月になってめっきり空気が冷えてきましたので、
休憩中に体を冷やすことは避けたいですよね。

そこで、今回のイベントでは体を冷やさない色々な対策を行ってます。
その中の一つがこのカレー。

ぜひ、お腹を満たして、午後からのイベントも
パワー全開で頑張ってくださいね!

もちろん、一般入場者もお買い求めいただけます!

※事前申込は終了しました。当日直接ご来場下さい。

イベント詳細はこちら!
http://t3proj.militaryblog.jp/e798543.html  


Posted by SUNNY  at 17:00Comments(0)イベント情報

2016年11月09日

【緊急告知】イベントパッチ販売決定




いよいよ本日エントリー締め切りとなったOps.SS

ここにきてサプライズ告知!
今回のイベント開催を記念して、
ミリタリーワッペン製作で有名な「T.P.LABO」さんが、
記念パッチの制作にご協力くださいました!

「実物よりも品質がいい」と
本職の方々の間でもまことしやかにささやかれるT.P.LABOさん。

今回のパッチは珍しくレザーで制作していただきました!
裏面ベルクロで品質は言うまでもなく最高です。

この世に数十個しか存在しない、超レアなパッチは、
「イベント参加者優先販売」とし、在庫が発生した場合は一般来場者にも販売します。

T.P.LABOさんのご厚意により、今回は500円/個にて会場で販売させていただきます。
購入数に制限はありませんが、数に限度がありますので、必要分のみの購入をお願いします。

エントリーの申し込みは本日まで!口座振り込みが15:00まで、コンビニでのお支払いが23:59まで受付が可能です。

定員になり次第、受付けがエラーとなります。お早めのお手続きをおすすめいたします!
  


Posted by SUNNY  at 11:30Comments(0)イベント情報